医療保険を見直して保険料年間21,000円減!成功のカギになったものとは?

つぐみのアイコン画像つぐみ

こんにちは、つぐみ(@_tsugumi293)です。

保険は万が一に備えるもの。
けれど、万が一の備えが家計を圧迫しては本末転倒ですよね。

わが家では社会制度を踏まえて医療保険を見直した結果、保険料を年間約21,000円減らすことができました!

「家計の見直しは固定費から」と言うように、固定費の見直しは家計へのインパクト大。

つい後回しにしがちだけど、ぜひ取り組みたいところです。

この記事では、これから医療保険に入ろうと思っている人や見直しを考えている人はもちろん、健康保険料を払っている人は全員知っておきたい公的医療保険制度について書いています。

健康保険に加入している会社員の場合について書いています。
自営業やフリーランスなど働き方によって保障の内容が異なる場合があるので、ご自身の保障内容は厚生労働省のホームページなどでご確認ください。

目次

知らなきゃもったいない!公的医療保険制度の充実ぶり

医療保険を見直すにあたって、知っておきたいのが公的医療保険制度のこと。

病院で治療を受けたとき、保険証を持っていれば窓口で払う医療費は3割ですみますよね。

これは日本の医療保険制度のおかげで成り立っているものです。

つぐみのアイコン画像つぐみ

でもこの公的医療保険制度、これだけじゃないんですよ。
代表的なものをいくつかみていきましょう。

高額な医療費を支払ったとき

高額療養費制度について

医療費の家計負担が重くならないよう、医療機関や薬局の窓口で支払う医療費が1か月(歴月:1日から末日まで)で上限額を超えた場合、その超えた額を支給する「高額療養費制度」(こうがくりょうようひせいど)があります。

上限額は、年齢や所得に応じて定められており、いくつかの条件を満たすことによって、負担を更に軽減するしくみも設けられています。

引用:高額療養費制度を利用される皆さまへ |厚生労働省
つぐみのアイコン画像つぐみ

高額療養費制度の対象範囲は公的医療保険が適用される部分のみ。差額ベッド代や先進医療にかかる費用などは高額療養費とはみなされません。

病気やケガで会社を休んだとき

病気やケガで会社を休んだときは傷病手当金が受けられます。

傷病手当金は、病気休業中に被保険者とその家族の生活を保障するために設けられた制度で、被保険者が病気やケガのために会社を休み、事業主から十分な報酬が受けられない場合に支給されます。

引用:病気やケガで会社を休んだとき | 健康保険ガイド | 全国健康保険協会
つぐみのアイコン画像つぐみ

傷病手当金として給与の約2/3の金額が支給されます。

子どもを産むとき

子どもが生まれたときは出産育児一時金が受けられます。

出産育児一時金は、被保険者及びその被扶養者が出産された時に協会けんぽヘ申請されると1児につき42万円が支給されます。

引用:子どもが生まれたとき | 健康保険ガイド | 全国健康保険協会

出産のため会社を休んだときは、出産手当金が支給されます。

被保険者が出産のため会社を休み、その間に給与の支払いを受けなかった場合は、出産の日(実際の出産が予定日後のときは出産予定日)以前42日(多胎妊娠の場合98日)から出産の翌日以後56日目までの範囲内で、会社を休んだ期間を対象として出産手当金が支給されます。出産日は出産の日以前の期間に含まれます。また、出産が予定日より遅れた場合、その遅れた期間についても出産手当金が支給されます。

引用:出産で会社を休んだとき | 健康保険ガイド | 全国健康保険協会

会社員は付加給付金制度をチェックせよ

法定給付に加えて健康保険組合独自の付加給付が受けられる場合があります。

付加給付は、健康保険組合が定めた1か月あたりの自己負担限度額を超えた費用を支給する制度です。

支払いは、病院から健康保険組合に送られる「レセプト(診療報酬明細書)」をもとに計算され、診療月の約3か月後に自動的に行われます。

つぐみのアイコン画像つぐみ

制度の有無や内容は加入している健康保険組合のホームページなどで確認しましょう。

高額療養費制度と付加給付金制度
医療費負担額と給付金

わが家の医療保険どうなった?

見直し前見直し後差額
医療保険(入院・手術)変更なしなし
医療保険(入院・手術)+がん診断給付金特約がん保険(診断給付金のみ)△21,887円/年

見直しによって、一般的な病気やケガによる入院や手術は貯金と公的医療保険で賄えそうなことがわかったので、わたしの医療保険は解約。

特約で付けていたがん診断給付金の保障を一時金タイプのがん保険に変更しました。

夫の医療保険は、本人の考えを尊重して今回は変更なし。

つぐみのアイコン画像つぐみ

医療保険制度はかなり充実しているとわかったけれど、制度の内容がいつ変わってもいいように準備(貯蓄)は必要だよねという結論になりました。

無料保険相談を上手に利用しよう

わが家の医療保険どうなった?

個人的には夫の医療保険も変更したかったのだけど、ずっと気になっていた保険の見直しができて満足です!

とはいえ、医療の進歩やライフステージの変化によって必要な保障が変わってくると思うので、定期的な見直しが必要ですね。

  • 自分に必要な保障がわからない
  • いろいろな保険を比較したい
  • 専門家の意見を聞きたい

という人は無料保険相談や有料FPに相談してみましょう。

とはいえ、無料保険相談にまったくのノープランで行くことはおすすめしません。

もちろん、ノープランで行ったとしても「あなたに必要な保険」を提示してくれます。

けれど、なぜ「無料相談」という商売が成り立っているのかを考えれば、ノープランで行くことが賢明ではないことがわかりますよね。

無料保険相談が悪いのではなく、「無料」にはそれなりの理由があるということ。

つぐみのアイコン画像つぐみ

わが家は家族会議でどんな保険に入りたいか決めた後、セカンドオピニオン的に無料保険相談を利用しました。

保険相談ってその場で決めなければいけないのかと思っていたけれど、持ち帰って検討することができるし、断ることもできるので、無理な勧誘が心配という人も安心して利用できますよ。

相談前には公的医療保険制度や付加給付金制度のチェックをお忘れなく!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる