【Kyash】現金派も1%還元!いつもの買い物を簡単にお得にする方法

つぐみのアイコン画像つぐみ

こんにちは、つぐみ(@_tsugumi293)です。

毎月のように変わるキャッシュレスのお得情報に着いていくのって面倒くさい大変ですよね。

いくつもアプリをインストールしたり、何枚もカードを作ったり、そのうえ情報収集までやっていられません。

はじめのうちは頑張っていちばんお得なキャッシュレス方法を選んでいたけど、大変になってやめてしまったという人もいるのではないでしょうか。

断然キャッシュレス派のわたしですが、コード決済はほとんど使っていません。

自分に合ったキャッシュレス方法を見つけることで「今日このお店でいちばんお得な決済方法はなんだっけ?」と会計のたびにあたふたするストレスから解放されました。

この記事では、毎日の買い物をちょっとお得にしたい人へ、わたしが1年半使い続けているKyash(キャッシュ)をご紹介します。

現金派の人にもおすすめなので、最後まで読んでいただけたらうれしいです。

こんな人に読んでほしい
  • キャッシュレスをあれこれ使い分けるのは面倒だと思っている人
  • 現金払いでもお得に買い物したい人
  • 家計管理をがんばっている主婦
目次

Kyash(キャッシュ)ってなに?

Kyash(キャッシュ)ってなに?

Kyashは買い物や個人間送金ができるウォレットアプリです。
アプリに登録するだけで、すぐにVisaプリペイドカードを発行できます。

近所のスーパーやコンビニ、旅行先の海外はもちろん、AmazonなどのネットショップまでVisaカードが使えるほとんどすべてのお店で使えます。

さらに、スマホにKyashのアプリを入れている人同士なら割り勘や立て替えの精算にも使える優れもの。
お釣りを気にせずやり取りできるから、払う方も受け取る方もスマートです。

Kyashのメリットと注意点

Kyashのメリット

プリペイドカードだから誰でも審査なしで発行可能
利用金額に応じたKyashポイントを最大1%もらえる
Kyashに登録したカードでチャージすればポイントの二重取りが可能
Kyashに登録できるカードは最大5枚、家計費とおこづかいの使い分けも簡単!
Visaタッチ決済(Kyash Cardのみ)、QUICPay決済が使える

Kyashの注意点

1年半Kyashを使って、わたしはデメリットを感じたことがありません。
ただ、知っておいた方がいいなと思ったことがあったので、注意点をいくつかあげておきますね。

ネットショッピングに使えない場合がある
3Dセキュア(本人認証サービス)未対応なので、3Dセキュアを採用しているサイトでは使えない
Kyashポイント還元対象外の取引がある
税金・公共料金の支払い、金券・商品券の購入、交通機関への支払い、郵便局での支払い、モバイルSuicaアプリでの購入・チャージなど
クレジットカードの明細がKyashだらけになる
クレジットカードの利用先はKyashへのチャージなので、Kyashの利用履歴はKyashアプリで確認する
特定のカードで決済することを条件としている特典の場合はKyashで支払ってはダメ
例えば、楽天市場で楽天カードを使って支払うときに得られる特典は、楽天カードを登録したKyashで支払っても楽天の特典は得られない
カードの盗難や紛失により不正利用された場合も補償されない
万が一、不正利用された場合はKyashの発行会社へ連絡するほかに、登録しているクレジットカード会社などへ連絡して対応可否を確認する必要がある

Kyashの種類

Kyashの種類

Kyashのカードはオンライン決済専用のバーチャルカードと、オンラインでも実際のお店でも使えるリアルカードの2タイプ。

さらに、リアルカードにはポイント還元率1%のKyash Cardと、ポイント還元率0.5%のKyash Card Liteがあります。

Kyash CardKyash Card LiteKyash Card Vertual
ICチップ
Visaタッチ決済
QUICPay決済
(Apple Pay・Google Pay)
国内利用オンラインのみ
海外利用オンラインのみオンラインのみ
1回あたりの利用限度額30万円5万円3万円
本人認証なし:5千円
1か月あたりの利用限度額100万円12万円12万円
本人認証なし:2万円
有効期限内の利用限度額なし100万円100万円
有効期限5年5年5年
発行手数料900円300円無料
年会費無料無料無料
ポイント還元率1.0%0.5%0.5%
ひつじさんのアイコン画像ひつじさん

Kyash Card Liteは累計100万円使った時点で有効期限内でも発行手数料がかかるから、1か月10,000円以上使う人はKyash Cardの方がいいね。

つぐみのアイコン画像つぐみ

5年ごとに発行手数料が900円かかるけど、1年で考えれば180円。
有効期限内の利用限度額はないし、ポイント還元率を考えたらKyash Cardを選んで損はないと思います。

Kyashって何がお得なの?

Kyashって何がお得なの?

カードの表面に「VISA」と書かれているのでクレジットカードと思われがちですが、Kyashはチャージして使うプリペイドカードです。

例えば、還元率1%のクレジットカードを使ってチャージしたKyashで買い物をすれば、クレジットカードのポイント1%に加えてKyashのポイントも最大1%もらえます。

ひつじさんのアイコン画像ひつじさん

ポイントの二重取りってやつだね!
でも、現金の人は何がお得なの?

現金で買い物をしてもポイント還元はありませんよね。

けれど、現金でチャージしたKyashを使って買い物をすれば、Kyashのポイントが最大1%もらえちゃうんです!

つぐみのアイコン画像つぐみ

カード1枚で還元率が+1%になるってうれしいですよね。
プリペイドカードだから、チャージの仕方次第で使い過ぎは防げますよ。

Kyashのポイントは1ポイント=1円としてKyashのチャージに使えるから、ポイントを無駄にすることもありません。

Kyashの使い方

Kyashの使い方

Kyashの使い方はとってもシンプル。
はじめて使う人でもほとんど迷うことなく直感的に使えます。

チャージ方法

Kyashへのチャージには現金はもちろん、クレジットカードやデビットカードも使えます。

現金でチャージする

現金でのチャージにはセブン銀行のATMで入金する方法と、アプリでチャージ申請をしてコンビニか銀行ATM(ペイジー)で支払う方法があります。

STEP
Kyashアプリの「ウォレット」をタップ
STEP
「その他の方法でチャージ」をタップ
STEP
セブン銀行ATM/コンビニ/銀行ATM(ペイジー)からチャージ方法を選択
STEP
アプリの指示にしたがってチャージを完了させる

登録カードでチャージする

Kyashにクレジットカードやデビットカードを登録すれば、登録カードでチャージができるようになります。

登録できるカードはVisaかMasterのカードのみで、JCBやAmexのカードを登録することはできません。

登録カードでのチャージにはリンク(自動チャージ)する方法と都度チャージ(手動チャージ)する方法があります。

リンク(自動チャージ)

リンク(自動チャージ)は支払いの時にKyash残高の不足分を自動でチャージする方法です。

例えば、Kyash残高が1,000円の時に10,000円の買い物をした場合、お店のカードリーダーに通した瞬間に登録カードから9,000円チャージされて同時に10,000円の支払いが完了します。

都度チャージ(手動チャージ)

都度チャージ(手動チャージ)は自分で金額を決めてアプリでチャージする方法です。

STEP
Kyashアプリの「ウォレット」をタップ
STEP
「登録カード」からカードを選択
STEP
「Kyash残高にチャージ」をタップ
STEP
チャージ金額を入力して「チャージ」をタップしたらチャージ完了
つぐみのアイコン画像つぐみ

ちなみに、わたしは毎回自動チャージしているからKyash残高はいつでも0円です。

支払い方法

Kyash Cardは国内・海外・オンラインショップのVisa加盟店で使えます。

通常のクレジットカードと同じように支払いの時にお店で提示するだけ。

支払い方法を聞かれたら「クレジットカードで」とか「Visaで」と言えば大丈夫。

送金方法

スマホにKyashアプリを入れている人同士なら、Kyashを通じてお金のやり取りが簡単にできます。

ランチや飲み会、旅行先での立て替えなど、割り勘や精算にとにかく便利!

送金手数料も受取手数料もかかりません。

Kyashで受け取ったお金を現金にすることはできませんが、そのまま買い物の支払いに使えます。

STEP
Kyashアプリの「送金・請求」をタップ
STEP
「Kyashを使っている友達」から送金したい相手を選ぶ
STEP
「送金」を選択して金額を入力
STEP
下からシュッとスワイプして送金完了
つぐみのアイコン画像つぐみ

キャッシュレスの精算に慣れてしまったら、現金精算に戻れなくなりますよ♪

つぐみ流Kyashの使い方

わたしは住信SBIネット銀行のデビットカードと楽天カードをKyashに登録しています。

住信SBIネット銀行のデビットカードは家計費用、楽天カードは個人の買い物(自由費)用。

Kyashには最大5枚のカードを登録できるから、目的ごとに使い分けられるので便利です。

つぐみのアイコン画像つぐみ

住信SBIネット銀行には家計費として使えるお金だけを入金しています。
残高を確認するだけのゆるゆる管理だけど、デビットカードだから使いすぎる心配はありません。

【まとめ】Kyashは家計を預かる主婦におすすめ!

Kyashは家計を預かる主婦におすすめ!

どれかひとつおすすめのキャッシュレスをと言われたら、わたしはKyash推しです。

使える場所の多さは圧倒的だし、還元されるポイントも分かりやすい。
シンプルで使いやすいところが気に入っています。

わたしはKyash×デビットカードで家計費を管理するようになってから、予算オーバーする月が減りました。(ゼロではないのが残念…)

だから、家計のやりくりをがんばっている主婦にこそKyashを使ってほしい!

いつものクレジットカードをKyashに変えるだけで、生活費を1%節約できるなんてうれしいですよね。

「使いすぎてしまうから現金派」という人にもKyashはおすすめです。

例えば、1か月の生活費の予算が40,000円なら、毎週月曜日に10,000円をKyashにチャージして1週間やりくりしてみませんか。

プリペイドカードなら現金払いのメリット(使い過ぎ防止)とキャッシュレスのメリット(ポイント還元)のいいとこ取りができますね。

つぐみのアイコン画像つぐみ

家計管理はずーっと続くもの。
ラクしてお得にやりくりしましょう♬

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる