【超初心者向け】小学生にもわかる投資信託の話

つぐみのアイコン画像つぐみ

こんにちは、つぐみ(@_tsugumi293)です。

「お金は銀行に預けなさい」

子供のころからそう言われて育ってきたのに、突然投資をしろと言わんばかりに、「つみたてNISAだ」「iDeCoだ」なんて言われても困りますよね。

けれど、残念ながら銀行に預けるだけでお金が殖える時代は終わってしまいました。

この記事では、投資の勉強をしなければいけない時代に放り出された大人たちへ、圧倒的国民食である「カレー」を使って投資信託とは何かをお伝えします。

目次

投資信託の仕組み|投資信託はシェフのカレーである

「投資信託」は「カレー屋さんのカレー」のようなもの。

最高のお肉や野菜、スパイスなどの材料をそろえて自宅でおいしいカレーを作れたらいいですよね。

けれど、忙しい時間のなかでこだわりの材料をそろえるのは大変だし、プロのように本格的なカレーを作る腕もありません。

つぐみのアイコン画像つぐみ

だからわたし(投資家)はカレー屋に行くのだ!

お店に行けばメニューの中から好きなカレー(投資信託)を選ぶだけ。

シェフ(専門家)が選んだ材料(投資先)で作る(運用する)カレーをただ待っていれば(投資信託を購入するだけで)いいんです。

投資信託のリスク|辛さの違いは具材やスパイスの使い方

本日のカレー
  • 辛いチキンカレー |株式のみに投資した投資信託(リスク・高め)
  • チキンと野菜のカレー |株・債券・リートにバランスよく投資した投資信託(リスク・中くらい)
  • 海老のバターマサラカレー |債券の割合が高めの投資信託(リスク・低め)
ひつじさんのアイコン画像ひつじさん

メニューによってずいぶん辛さが違うね。

カレー(投資信託)の辛さ(リスク)は具材やスパイス(投資先)の使い方(運用方法)で変わります。

残さずおいしく食べる(途中で投資をやめてしまわない)ために、じぶんの辛さレベル(リスク許容度)に合ったカレー(投資信託)を選びましょう。

インデックス投資とアクティブ投資|ふたつのレシピ

ここに二人のシェフがいます。

一人は、伝統的なレシピを再現するシェフ。
もう一人は、オリジナルレシピで勝負するシェフです。

カレー職人なら誰もが知っている伝統的なレシピ(インデックス投資)のカレー(投資信託)は、いい意味で変わらない味(運用成績)。

たとえシェフ(運用者)が変わっても同じ味を再現できます(平均的な運用ができる)。
面白みのない味(運用成績)と思う人もいるかもしれません。

では、オリジナルレシピで勝負するシェフ(アクティブ投資)のカレー(投資信託)どうでしょうか?
これまでにない斬新な味が大人気に!(好成績)なんてこともあるかもしれません。

けれど、シェフ(運用者)に突然もしものことがあったら?
良くも悪くもカレー(投資信託)の味(運用成績)はシェフ(運用者)次第なんですよね。

つぐみのアイコン画像つぐみ

どちらのカレー(投資信託)が良いということではなく、レシピ(運用方法)が違うという話。
じぶんの好み(投資目的)や辛さレベル(リスク許容度)と相談して選べばいいと思います。

ドル・コスト平均法|こんなカレー屋は嫌だ

カレーを時価で出すお店ってどう思いますか?
材料の仕入れ状況によって毎日カレーの値段が変わるお店なんて困りますよね。

そのうえ、1,000円単位で注文しなければいけないと言われたらどうでしょう?
同じ1,000円を払っているのに、昨日と今日で出てくるカレーの量が違うお店なんて、わたしは嫌です。

つぐみのアイコン画像つぐみ

カレーは定額定量で食べたいけど、実は、積立投資では積立金額分で買えるだけの投資信託を購入しているんです。

投資信託の価額(値段のこと)は毎日変わります。

ということは、毎月10,000円積立設定している人は、投資信託の価額が安い時にたくさん買って、高い時は少し買うということになりますね。

これを「ドル・コスト平均法」といいます。

ひつじさんのアイコン画像ひつじさん

例えば、ガソリン5,000円分っていう給油の仕方をイメージするとわかりやすいかな?

相場の上げ下げに関係なく毎月決まった金額を積立るということは、チャンスを逃すこともあるかもしれないけれど、相場の動きに惑わされることなく投資を続けるという意味では有効な方法といえるでしょう。

投資の勉強をしなければいけない時代に放り出された大人たちへ

つみたてNISAやiDeCoが雑誌や情報番組で取り上げられるようになって、以前よりも「投資」の文字を目にする機会は増えました。

とはいえ、多くの人にとって投資はまだまだ遠い存在ですよね。

投資信託を使った積立投資は株式投資やFXと違って、投資初心者でも取り組みやすい投資方法です。

“投資なんて難しそうだから無理!”と思っていた人が、この記事をきっかけに“ちゃんと投資の勉強をしようかな”と思ってくれたらうれしいです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる